各企業は従業員の勤怠を管理するためにさまざまな勤怠管理方法を採用しています。従来から行われているタイムカード式のものからデジタル化されたカード式管理まで実にさまざまなものがあります。企業側にとっては、従業員が多いところほど、この管理の重要性が高くなります。このような企業の場合には、デジタル式のタイムカードでパソコンで従業員の勤怠を管理するのが便利です。従業員の出社と退社、休憩などを手動ではなく、専用ソフトで管理することで、従業員の勤怠状況を正確に管理することができ、無駄な人件費を節減することが可能となります。人件費など固定費に関しては、基本的には上げ下げが簡単にできるものではないため、勤怠の管理業務を重要視していないところもありますが、実はこの管理業務をしっかりすることで、従業員の仕事への取り組み方が違ってくることが分かっています。会社の本気さが従業員に伝わるのでしょう。

勤怠管理システムの導入のメリット

最近勤怠管理システムの導入を検討している会社が増えてきています。ではこの勤怠管理システムを導入すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。まず個人の勤怠管理を簡単に集計することが出来ます。その為、集計する為の労力や時間を短縮することが出来ます。また、社員の出勤状況や残業状況を簡単に把握できるので、業務内容がどのようになっているのか見直しを図ることが出来ます。また、様々な勤務パターンに対応しているので、休暇の申請や残業の申請が簡単にできてしまうのです。また、総務や人事で一括で管理できるので、大変便利です。また、タイムカードなど使用していると記入漏れなどが起こってしまう可能性がありますが、そういった心配もありません。またICカードと連動させたり、様々な用途に利用することが可能です。このように導入することでたくさんのメリットがあります。

勤怠管理では個人とグループ

仕事においては労働者が個々に行う部分がありますが、これらは独自に自由に行っているものではないでしょう。多くの場合は組織に所属し、組織のマネジャーなどの指示に従う事になります。その人に対して仕事量が多くなれば残業をしないと対応できませんし、余裕があるなら終業時間に帰ることができます。この時の勤怠管理をどのように行うかです。よく行われるのは個人の管理です。個人の残業が多いからその人に注意をしたりマネジャーに注意をしたりします。しかし実際にはグループで仕事が与えられそれがグループの課員に割り振られます。となるとグループにおける管理が必要になるでしょう。そのグループにおいて残業を多くしている人が多いのであれば仕事量が多くなっていることを示します。人を増やさないといけないなどがわかります。個々に残業を減らすようにいう問題ではありません。

必要なのはお使いのICカードとインターネットにつながったタブレットだけ。大掛かりな初期投資が必要なく、簡単に始められます。 いくら指摘しても打刻漏れや申請漏れは起きるもの。それならばネクストタイムカードで自動化しましょう。 まだ手作業で勤怠情報を集計していませんか?ネクストタイムカードなら自動でデータを集計できます。 勤怠管理システムで未払い残業問題を解決!

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)